「センス・オブ・ワンダーの視点から学ぶ」

「センス・オブ・ワンダーの視点から学ぶ」


熊本市北区にある就労移行支援事業所ココロ学校オルタナでは、センス・オブ・ワンダーについての学びを実践してます。

オルタナ農園をじっくり観察すると様々な生き物達が生活しています。

その生き物達の「美」を感じる写真です。

皆さんも、一旦立ち止まって、自然を覗き込んでみてください。

新たな発見があるはずです。


センス・オブ・ワンダーとは?


子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この趣旨をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子供時代は、この土壌を耕すときです。


美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知のものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。


おとなも、子どもも、センス・オブ・ワンダーに満ちた毎日を過ごすことができたなら。

きっともっと楽しく、豊かで、幸福感の高い時間を過ごすことができる。そう思いませんか?


人生100年時代といわれる現代だからこそ、大切にしたい感性です。


#熊本市 #就労移行支援事業所ココロの学校オルタナ #植物をじっくり観察する #生き物を大切に #足元を見てごらん #昆虫すごいぜ #生き物のいる暮らし #自然治癒力 #地球にいるのは人間だけではない #精神疾患 #発達障害 #統合失調症 #双極性障害 #パニック障害 #うつ病 #気分障害 #社会不安障害 #センスオブワンダー

閲覧数:14回