top of page
  • 執筆者の写真スタッフ

「レザークラフトワークショップ」

「レザークラフトワークショップ」

本日はレザークラフト!

利用者さん全員が未経験のなか栞、キーホルダー作りに挑戦しました!

まずは工作用紙で型紙を作り、それぞれ選んだ好みの革に型紙の縁に沿って革をカットする目印の線を付けます。

次に革を線に沿ってカッターナイフでカットします。

ここまではなんとかできましたが問題は次の工程からです!

次は、カットした革の淵から3mmの所に縫うための穴を開ける目印となる線を専用工具を使って引きます。

これが意外と難しい!真っ直ぐに引けなかったり、ズレたりみなさん苦戦してました。

次はいよいよ穴あけです!


フォークのような専用の穴あけ工具で木槌やゴムハンマーで叩いて穴あけします。ココは重要な作業でずれたり曲がったりするとそのまま縫い目となってしまいます!

なかなか穴が開かなかったり、ズレたり、穴あけの工具が革から抜けなかったり苦戦苦戦!

皆さん初めての作業で上手にできなくて当たり前!!

私の最初の頃より皆さんが上手でした^_^

私はレザークラフト初めて1年位ですが満足した作品は1個もありません。

あとは、革のカット面を磨いたり、刻印を打ってみたりしました。

革の魅力は使って行くうちに経年変化して味が出てくることや、手入れすれば長年使用できること。あとは革独特の匂い!

これを自分で作れるって楽しいと思います!

次回はいよいよ縫製です。これもまた頭こんがらがります!

今回、皆さん初めての用語や作業ばかりで苦戦もしましたが楽しくワークができ良かったです!


※まだ未完成の為、完成するまで頑張ります。



熊本市北区にある就労移行支援事業所ココロの学校オルタナは、うつ病や統合失調症、発達障害、パニック障害などの心の病(精神疾患)を抱えている方を対象とした就労移行支援事業所です。

 「一人ひとりの貴重な人生時間を一緒に過ごし、学ぶ機会と社会に出る為の人間力を身につける就労通所支援サービスの提供を行っています。」

また、就労後もその方が自分らしく活き活きと活躍されるためのサポートとして、職場の定着支援も行っております。

ピアサポーターも活躍できる職場環境です。

★見学、体験者募集中!

★ご相談ください。

★096-245-7265

★就労移行支援事業所ココロの学校オルタナ

担当:中村

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page