top of page

「中学生講話・SORAさん」

「中学生講話・SORAさん」

 現役中学生。いま不登校。でも自分らしく生きている!

 ダンスレッスン~MAKOSSA PE先生~の助手/カメラマンとして、毎月オルタナに来所される中学生のSORAさん。

今日は「中学生講話」と題し、自分について語ってもらいました。

 

 中1の時に「いじめ」に遭い、友は離れていった。不登校になり、夜更かししては街を歩き回る生活に。

母親は「学校へ行きなさい」。

でも、

「オレはこうしたい」「幸せは人それぞれ」

と持論を話し、唯一好きだったカメラで個性的な写真を撮り始める。

 やがて母親の知り合いだったPE先生に誘われ、ダンスの写真を撮ったりDJを体験するように。

「音楽もどんどん好きになった」。

今は作曲に挑戦している。

 洋服も好き。インスタグラムでつながった同じ不登校の仲間と一緒に、Tシャツやパーカーをデザインして販売。

 大好きなユーフォーキャッチャーで、高額の商品をゲットして転売することもある。

そのために、クラウドファンドや貯金を使いネットショップを起業した。

 世の中の人たちに言いたい。

「学校に行かなくても社長になれる!」

不登校の子たちにも言いたい。

「どんな生活をしていても、立ち直る方法はある」「僕はどっぷり浸かる前に立ち直れた」

 自分の世界が広がったのは「様々な人との出会い」があったから。

人生の分かれ道は、「節目」というより「人との出会いで突然来る」。

 お金を稼いだら母親に恩返しがしたいと思っている。美味しい食べ物。旅行も連れていきたい。

 今は好きなことやしたいことがいっぱいで、いろいろなことに挑戦したい。

 傍らで見守るPE先生の眼差しも印象的でした。

(何から話すか悩むSORAさんに)「言いたいこと言えば?」「言い尽くしたら教えて」。

講話の最後には、

「世の中には悪い人もいる。しかし彼(SORAさん)はこれまでお母さんにしっかり愛され、人を大事にする心も育っている。それが危ない人に気づく力になっているのでは」と。

確実な方法をアドバイスしたこともあったが、

「若いから”自分らしさ”を大事にしていいのかも」「俺が言ってもSORAはすぐ忘れるしね」「俺の時間がムダだからやめた」…

 目は優しく笑っている。そばにいて見守りつつ、自由にはばたかせてくれる。

(支援者としてよい手本を見せていただいた思いでした)

 話を聞いたメンバー達からは

「(SORAさんが)よい大人と出会ってよかった」

「自分に責任が取れてすごい」

「逃げるは恥じゃない」

など、温かい言葉が出ていました。

 来所されるときは、誰に対しても丁寧なあいさつをしてくれるSORAさん。これからも応援していきますよ

 本日は貴重なお時間をありがとうございました!


#熊本市 #就労移行支援事業所 #オルタナ #中学生 #不登校 #いじめ #学校に行かない選択 #自分磨き #自分の生き方 #社長になりたい #中学生講話 #社会人講話 #起業 #クリエイター #カメラマン #動画編集 #フォトグラファー #アパレル #クラウドファンディング #不登校中学生 #応援 #ありがとう #有言実行

@makossa.uki

@s_sora08

@orutana_kumamoto

閲覧数:14回
bottom of page